ダメ男のだらしない特徴4個

ダメ男のだらしない特徴4個

「ダメ男」と呼ばれる男性は、性格や行動に様々な問題があり、結果的に、付き合う女性を不幸にする男性です。

では、「ダメ男」には、具体的にどのような特徴があるのでしょうか。

今回はダメ男の代表的な特徴をご紹介します。

1.根拠のない自信があり、自意識過剰

経験や実績があり、努力もしている男性は、自信を持っているのも当然です。

そのような男性であれば、誰もが尊敬しますが、ダメ男の場合、経験も実績もなく、

努力もしていないのに、根拠のない自信だけがあるというのが大きな特徴です。

ダメ男は、ただ頭の中だけで大きな夢を膨らませ、自分の理想だけに酔いしれてしまう傾向があります。

そしてそんな自分を、意味もなく「すごい」と勘違いしてしまいます。

そのため、何も行動せず結果も出していないのに、発言だけは壮大です。

ただ、その発言の中に肝心な中身がないため、誰からも信用されなくなります。

このことから考えると、短期間に何度も転職を繰り返す男性や、一向に働こうとしない男性は、

「俺にはもっと素晴らしい人生が用意されているに違いない」という思い込みがあることが多いので、

ダメ男である可能性が大きいと言えるでしょう。

2.金遣いが荒い

お金がある・ないに関わらず、金遣いが荒い男性は、ダメ男である可能性が高いと言えます。

本当にまとまったお金を使う必要がある時に、気前良くドンとお金を使うのは、全く問題ありません。

問題なのは、「意味のない散財」です。

例えば、本当に欲しくもないのに、見栄でブランド物を買い漁ったりするのが、ダメ男のお金の使い方です。

楽しくもないのに、意味もなくフラフラ遊び回ってお金を無駄遣いするというのも、ダメ男です。

言い換えれば、ダメ男は、「意味のあるお金の使い方」をせず、「使わなくて良い時に、考えもなく無駄遣いをする」と言えます。

ダメ男は、手元にお金がなくても、借金してまで無駄遣いをすることがあります。

運良く羽振りが良い時でも、後先を考えず、湯水のようにお金を無駄遣いします。

「財布の紐を引き締める」という理性がない男性は、ダメ男です。

3.言い訳ばかりする

人間は誰しも失敗を経験します。

その失敗を素直に認め、謝罪し、「次から何を改善するべきか」を真剣に考えて行動できる人は立派な社会人ですが、

ダメ男にはそれができません。

失敗すると言い訳を繰り返すのが特徴です。

ダメ男は、行動も結果も伴わないのに、根拠のない自信だけはあります。

なので、「自分が間違いなど犯すわけがない」と強く思い込んでいるので、

何か失敗らしきことがあっても、「自分は悪くない」と意地を張るのです。

そして、自分が悪くないことを証明するための言い訳を、次々と考えだします。

そして当然、謝罪などはせず、改善のための努力もしません。

ひどい時は、自分の失敗を人にせいにすることもよくあります。

そのため、信用をなくし、人がどんどん離れていって、チャンスさえも失っていきますが、

本人だけは強気で、それに気づくことがありません。

4.女性関係がルーズ

ダメ男は、女性関係においても、その場の感情や雰囲気に流される傾向があります。

「自分好みの女性がたまたまいたから」「寂しかったから」「いい雰囲気になったから」などと言い訳を並べたてながら、

罪悪感なく浮気を繰り返します。

そして、パートナーとそのことでトラブルになると、その場は謝って反省するそぶりを見せます。

しかし、舌の根の乾かぬうちに、また同じことを繰り返すのです。

ダメ男は女性との関係において、感情と本能の赴くままに行動し、理性でそれを我慢しようという意思がないのです。

その結果、女性関係がルーズになり、人からの信用をなくしてしまいます。

短期間に何人もの女性と交際があったという男性は、ダメ男であることを疑った方が良いでしょう。

いかがでしたか。

ダメ男は、精神的に大人になりきれていないので、自分の感情や感覚・その場の雰囲気に流されて行動するのが特徴です。

そして、その結果痛い目を見ても、本気でそれを改善しようとする意志がないので、何度も何度も同じ間違いを繰り返すのです。

このような男性は、よほどの覚悟を持って自分の性格を直そうとしない限り、同じことの繰り返しが起きます。

なので、巻き込まれないようにするために、親密な付き合いをすることは避けた方が賢明でしょう。

ダメ男のだらしない特徴4個の関連記事