AB型男性の恋愛面の特徴5個

AB型男性の恋愛面の特徴5個

「ミステリアスな二重人格者」という評価を受けることの多いAB型男性だけに、

女性からは「付き合うのがむずかしそう」と思われてしまうことも少なくありません。

ほんとうに扱いにくく交際するが難しいのか、AB型男性の恋愛に関する特徴や傾向をご紹介します。

1.ドライでスマートな恋愛関係を好む

AB型の性格の中で、代表的な特徴が「知的でクール」というものでしょう。

すべて理詰めでものごとを考える傾向が強く、それは、もっとも情緒的な人間関係であるはずの恋愛においても、変わりません。

ですから、相手と一定の精神的な距離を置きながら、あまり深入りしすぎることなく、大人同士の交際をしたいと考えるのです。

つまり、「ラブラブ関係」よりも、ドライでスマートな恋人関係を好むのが、恋愛におけるAB型男性の大きな特徴と言っていいでしょう。

一番苦手なのが「ドロドロした男女関係」で、少しでもそうなりそうな気配を感じると、敏感に反応し、あっさり自分から離れていきます。

そうした行動は、淡白な性格によるというよりも、あくまでも知的でクールな自分の流儀にこだわるためと考えたほうがいいでしょう。

2.自立した女性が好み

そうしたクールさは、好みの女性のタイプにも表れます。

AB型男性が嫌うタイプは、恋愛依存症の女性やかまってちゃんタイプ、あるいは、べたべた甘えてくるような女性も苦手です。

逆のタイプ、つまり、精神的に自立している女性が好きです。

もちろん、恋人どうしてあれば、時には甘えることはありますし、AB型男性であっても、それをすべて拒否するわけではありません。

彼女から甘えられて「かわいい」と感じ、恋愛感情が高まることはもちろんあります。

しかし、会うたびに甘えられたり、長時間べたべたした状態が続くとうんざりしてしまいます。

女性サイドは当たり前の愛情表現と思っても、そうした女性の行動に引いてしまうのが、AB型男性の共通点ということになります。

3.プライベートな時間と空間を大事にする

そんな性格や気質は、「自分一人の時間と空間が好き」という特徴にも表れます。

ですから、たとえ結婚したとしても、自分だけの時間と空間がない生活には耐えられません。

まして、恋人関係の段階では、「一人でいること」にこだわります。

そのため、例えばいっしょに旅行に行ったとしても、時折、ひとりになるために姿を消すことがあります。

これは、女性には理解しにくい行動と言っていいでしょう。

「嫌いになったのでは?」と不安に感じる女性も少なくないはず。

しかし、本人はあくまでも自分の感覚で行動しているだけで、女性に心配をかけていることに気づかないケースがほとんどです。

4.恋愛を人生のメインテーマと考えていない

AB型の男性には才能豊かな人や、仕事のできる人が少なくありません。

また、趣味人という一面もあります。

つまり、「人生の楽しみや生きがいが、たくさんある」というのが、AB型男性の特徴です。

恋愛ももちろん、人生の大きな楽しみであり、大きなテーマであることは間違いありません。

しかし、必ずしも「メインテーマ」ではないのです。

むしろ、仕事や趣味の方が大切と考えるケースが多いので、交際中の女性のことを心底愛していたとしても、彼女よりも仕事優先、趣味優先にすることが少なくありません。

5.二人でいるときも「自分の世界」に入り込んでしまう

独特の世界観を持っていて、自分の世界を大切にするのも、AB型の男性に見られる特徴の一つです。

一人でいるときはもちろん、人といっしょの時、さらには、恋人との水入らずの時間を過ごしているときでさえ、その「自分の世界」に入り込んでしまうことがしばしばあります。

「心ここにあらず」というような状態になるため、交際相手の女性は不安を感じることでしょう。

「どうしちゃったんだろう」と心配になるに違いありません。

心配ご無用。

彼はただ、「自分の世界」を静かに味わっているだけです。

いかがでしたか。

AB型の男性の恋愛傾向や、恋愛面での特徴について、主だったものを5つ紹介しました。

イメージ通りミステリアスなところも確かにあります。

しかし、ポイントを押さえておきさえすれば、別にむずかしい交際相手ということもないでしょう。

参考にしてください。

AB型男性の恋愛面の特徴5個の関連記事