社会的地位が低い人の特徴4個

社会的地位が低い人の特徴4個

自己紹介をしたり、名刺交換をしたりしなくても、社会的地位が高いか低いかは、

見た目だけである程度わかってしまうと言われています。

では、社会的地位が低い人とはどのような人なのでしょうか。

その具体的な特徴についてご紹介します。

1.身だしなみがだらしない

社会的地位が低い人は、身だしなみにあまり気を遣わないという傾向があります。

そのため、全体的に清潔感があまり感じられません。

社会的に認められるためには、見た目の清潔感は欠かせません。

しかし、社会的地位が低い人はそこに気を配ることがないので、どんなに一生懸命働いたとしても、

どこかだらしない印象を拭うことができず、出世とは無縁の人生を歩むようになってしまいます。

特に、着ている洋服のシミやシワをそのままにしていたり、靴が汚れたままになっていたりする人は、

社会的地位が低いというケースが多くなります。

社会的地位が低い人は、目につきにくい細かい箇所への配慮が苦手です。

そのため、それらのポイントに関して、どうしても詰めが甘くなってしまいます。

2.時間や納期を守らない

社会的地位が低い人は、仕事においても日常生活においても、どこかルーズであるということが特徴です。

待ち合わせの時間や仕事の納期などを守らないことが頻繁にあるため、周りの人からの信頼をなくしてしまいます。

その結果、「このひとには安心して何かを任せることができない」という評価に繋がってしまい、

社会的地位を上げるチャンスを逃してしまうことになります。

彼らは自分のルーズさについての危機感が薄いということも特徴です。

そのため、時間や納期を守れなかったことが原因でトラブルを起こしても、また同じことを繰り返します。

その結果、誰からも信用されなくなり、

いつまで経ってもステータスを上げるチャンスを得られないまま月日を過ごすことになります。

3.目の前のチャンスを積極的に掴もうとしない

社会的地位を上げるためには、チャンスや運を上手に掴み取ろうとすることも必要です。

それを掴み取れない人は、いつまで経っても社会的地位が低いままになってしまいます。

社会的地位が低い人は、自分の目の前に来たチャンスを積極的につかもうとしないという傾向があります。

人がうらやむようなチャンスが巡ってきたとしても、「自分には荷が重い」と尻込みしてしまい、

せっかくの機会を逃してしまいます。

そして、何度チャンスに恵まれても同じことを繰り返すため、ついには運に見放され、

社会的地位を上げることができなくなってしまうという結果になります。

言い換えれば、「謙虚で人が良い」とも言えますが、行き過ぎた謙虚さは、自分の価値をどんどん下げてしまいます。

4.自分に自信が持てず、いつもオドオドしている

社会的地位が低い人は、自分自身のステータスについて、嫌というほど自覚しています。

そのため、自分に自信を持つことができず、いつもオドオドした態度で過ごしているという特徴を持っています。

その結果、正しい日本語でハッキリ話すことができなかったり、

人の目を見て会話ができなかったり、猫背でトボトボ歩いているという点も大きな特徴です。

いつどこへ行ってもそのような態度であるため、

周りの人にも「この人に大切なことを任せて大丈夫だろうか」という不安感を抱かせます。

その結果、ステータスを上げるためのチャンスをいつまで経っても与えてもらえず、

益々自分に自信をなくしていくのです。

いかがでしたか。

社会的地位が低い人は、その原因を自分で作ってしまっているという側面があります。

社会的地位を上げるためには運ももちろん必要ですが、それ以上に、自分を変えていくための努力が大切です。

高いステータスにふさわしい自分を作り上げるための努力を怠り続けると、いつまで経っても社会的地位が低いままです。

もし自分の社会的地位に納得できないという場合は、もう1度客観的に自分を見つめ直し、

セルフイメージを上げるための努力をしてみることが不可欠であると言えるでしょう。

社会的地位が低い人の特徴4個の関連記事