片思い中の相手にLINEを送る時に注意すること5個

片思い中の相手にLINEを送る時に注意すること5個

LINEは手頃なコミュニケーションツールであり、スマートフォンを持っている人のほとんどが使用しているといえます。

しかし、簡単にコミュニケーションを取れるからこそ注意すべきことも多くあります。

今回は片思いの相手に対してLINEを送る際に気をつけることをご紹介していきます。

1.長文を送らない

片思いの相手と多く話したい、自分の事を知ってもらいたいと思ったときには、長文のLINEを送ってしまいがちです。

しかし、あまり親しくない相手からの長文は読む気にならず、相手に良い印象を与えません。

読む気をなくしてしまったり、興味を失うことにつながってしまいます。

また、自分の事をアピールしたい、自分のことばかり話をしたがる人だと思われてしまい、避けられることも考えられます。

そのため、LINEを送る際の文章量は短い程度が適切な分量です。

2.返信を催促しない

片思いの相手から返信を待っている間はとても不安になってしまいます。

しかし、相手から返信が来ないからといって催促をしてはいけません。

人にはそれぞれの返信スピードがあり、なかにはLINEをあまり見ない人もいるでしょう。

そのような人に対して催促のLINEを送ることは悪い印象をあたえてしまい、更に返信が帰ってこないことも考えられます。

片思いの相手からの返信は待ち遠しいですが、じっくりと待つことが大切です。

3.意味のない文章を送らない

片思いの相手とのLINEに困るのが話題です。

しかし、話題がないからっといって、自分の日常生活などのような、相手が興味を持てない話題を一方的に送りつけるのは止めましょう。

相手は返事に困り、場合によっては返信が帰ってこない事につながります。

やみくもにLINEをおくるのではなく、相手が興味を持ちそうな話題であったり、

自分と相手の共通点などを探し、自然と会話になるような文章を送りましょう。

4.LINEの頻度はほどほどにする

LINEの頻度は多すぎず、少なすぎずが丁度いい量です。

ほどほどの頻度は難しいですが、基本は相手のペースに合わせていくといいでしょう。

多すぎると相手が返信を多くすることによって不安になる場合があり、少なすぎるとコミュニケーションの手段としては弱いものになってしまいます。

そのため、相手が負担にならない程度のLINEを送るようにしましょう。

目安としては一日に1回から5回ほどで、相手から返信が来てもすぐにかえさず、少し時間を置くくらいで良いでしょう。

一度返信が来た時間を参考に、自分もそのペースに合わせることも有効です。

5.LINEで全てを伝えようとしない

文章は実際にあって話すのとは異なり、細かなコミュニケーションが取りにくくなります。

そのため、些細なコミュニケーションのズレが相手に悪印象を与えることになるので、伝えたいことを全てLINE上で行おうとするのは止めましょう。

LINEではあくまで他愛のない話や約束事などの連絡にとどめておき、実際に会った時のコミュニケーションを大事にすると良いでしょう。

文章は一度送ってしまうと簡単に修正できるわけではないので、誤解を招くような発言は慎むことが無難だといえます。

いかがでしたか。

片思いの相手に送るLINEはなんでも良いわけではなく、片思いだからこそ言葉を選ぶことが重要です。

また、あくまでもコミュニケーションの1つなので、自分のことだけではなく、相手のことも考えて文章を送ることを心がけましょう。

自分の話したいことを話す、伝えるのではなく、相手が話たい事を聞いてあげることが大切です。

それぞれのペースに合わせて、心地よいコミュニケーションを取ることが成功の近道で

片思い中の相手にLINEを送る時に注意すること5個の関連記事