外見にコンプレックスを抱えている人の特徴5個

外見にコンプレックスを抱えている人の特徴5個

みんな誰しも周りにどう思われているか多少は気になるものですが、

その思いが強すぎてコンプレックスになってしまっている人は、見ていて何となくわかるものです。

では、一体どういう人がコンプレックスを抱えているように見えるのでしょうか。

今回は外見にコンプレックスを抱えている人の特徴をご紹介します。

1.暗さがにじみ出ている

人前に出るとうつむきがちで目を合わせようとしなかったりほとんど喋らないなど、

人とあまりかかわりを持とうとしない人は外見的コンプレックスを持っていると言えます。

外見に自信がないために「周りに自分の容姿がおかしいと思われるんじゃないか…」とか、

「自分のような人間が相手にされるわけがない」などと悲観的になり一方的に壁をつくってしまいます。

自分の外見を気にするあまり、うまく笑顔をつくれなかったり表情が強張ったりして仕草もぎこちなくなってしまいます。

また、人間関係で悩みができたとき、それをすべて外見のせいにしてしまいます。

例えば、職場や学校で嫌なことがあっても何かにつけて「自分の顔がブサイクだから…」とか「自分が太っているせいだ…」などと外見のせいにして落ち込む人がいますが、必ずしも外見のせいとは限りません。

2.容姿に異様にこだわる

少しでも周りによく思われたくてオシャレをすることはとても大切なことですが、あまりにこだわりすぎるのも良くありません。

可愛く見せたくてメイクを頑張る女性も多いですが、アイメイクやカラーコンタクトに気合を入れすぎたり、

驚くほどメイクに時間をかけてすっかり別人になっている人もいますよね。

そのためすっぴんを見せることに異常なくらい拒否反応を示す女性がいます。

まだ、メイクで顔を変えるだけならいいですが、中には何度も整形を繰り返している人がいますよね。

誰が見ても整形前のほうがいいのに、周りの話を聞き入れず整形を繰り返し逆効果になっている人は見ていて痛々しいです。

また、ファッションにもこだわりすぎてブランド物で身を固めないと気が済まないという人もいます。

それから、十分にスタイルが良いのにかかわらず、異様にスタイルを気にしてダイエットに励んでしまう人がいますが、

それもコンプレックスから来ているものでしょう。

3.他人を評価したがる

知人や通りすがりの人の容姿をとにかく評価したがる人がいますが、これもコンプレックスからきています。

人の見た目を評価するくらいだから、さぞ自分に自信があるのだろうと思われがちですが、自分に自信のある人は周りのことなどあまり気にしません。

コンプレックスがある人は、自分と相手の容姿を比べて、相手のほうが劣っていると安心するようです。

こういったタイプは、自分が周りにどう見られているかアンテナを張り巡らせているので、相手の容姿にも敏感になってあれこれ指摘したくなるのでしょう。

4.恋愛遍歴が極端である

外見に自信のない人は、ほとんど恋人ができたことのないタイプと、頻繁に恋人がコロコロ変わるといった恋多きタイプに分かれます。

まず、恋愛経験がないタイプの人は自信のなさから異性と付き合うまでに至らないパターンがほとんどですし、

恋多きタイプの人はせっかく恋人ができても心の奥底では常に自分にコンプレックスを持っているので、

「本当に恋人に愛されているのか」と不安になったり「いつか捨てられるんじゃないか」などと心配になり、相手を信じることができません。

そのため恋人とギクシャクしやすく、恋も長続きしません。

しかし、このタイプは誰かに愛されている実感がないと生きていけないため、またすぐに新しい恋人をつくります。

また、自信のないタイプは押しにも弱い傾向にあります。

「こんな自分を好いてくれるなら…」とか「この誘いを断ってしまったら、もう次はないかも…」などと考えてしまい、

好きでもない相手からの誘いを受け入れてしまいがちです。

5.自慢話が多い

自信のない人は自慢話なんてしないと思われがちですが、全くの逆です。

自信がないからこそ自分を大きく見せたがるのです。

ちょっとしたことでも自慢して「自分はこんなに凄いんだぞ」と相手に知ってもらいたくて仕方ないのです。

ときには、実際の出来事より話を大げさに盛って自慢するのが癖になってしまっている人もいます。

こういうタイプは、その自慢話をしたときの相手の反応にも敏感です。

いかに相手に「この人凄いんだな」と思わせるかがポイントなので、相手の反応がイマイチだと途端に機嫌を損ねたりします。

いかがでしたか。

見るからに自信のなさそうなタイプはわかりやすいですが、

一見明るくて外見的にも悩みなんてないように見える人も実は大きな心の闇を持っているかもしれません。

外見を磨くことはある程度は大切ですが、それにこだわりすぎて本来の自分の魅力を台無しにしている人はもったいないですよね。

そして、周りにいる私たちも外見だけで人を判断しないように気を付けたいものですね。

外見にコンプレックスを抱えている人の特徴5個の関連記事