告白が失敗してしまう人のモテない特徴5個

告白が失敗してしまう人のモテない特徴5個

友達や知り合いの中には必ずと言っていいほど、「また告白して振られたらしいよ」と噂になる人が1、2人はいますよね。

なぜか告白が失敗してしまう人にはどのような特徴があるのでしょうか。

今回は告白しても失敗してしまう人の特徴をご紹介します。

1.妄想癖がある

告白が失敗してしまう人は、何もかもを自分の都合の良いように受け止め、妄想の世界を作り上げている場合があります。

自分に笑いかけてくれる、メールにハートの絵文字がある、もしかして自分のことを好きなのかもしれない。

と一人で盛り上がってしまった結果、自分も相手のことを好きになってしまいます。

そして両思いだ。

と確信したところですぐに告白をするのですが、相手にしてみれば寝耳に水ということもしばしばです。

しかし告白が失敗してしまう人は、恋人同士になれるはずと信じて疑ったことがないため、なぜ断られたのかが全く理解できません。

2.自分に見合わない人を好きになる

ものすごく年下が好き、面食いすぎるなど自分に見合わない高嶺の花を好きになってばかりいるため、告白しても失敗してばかりという人がいます。

人間は中身が大事ではありますが、あまりにも外見がダメだったり年齢が離れすぎていたりすると、相手に中身を見てもらえるまでに到達しないのです。

告白が失敗してしまう人の中には、そのことを全く理解できずに到底振り向いてくれないであろう人ばかりを好きになる人がたくさんいます。

超えられない壁に果敢に挑むその強さはある意味、尊敬すべきかもしれません。

3.頑張りすぎている

相手に喜んでもらいたいという気持ちが空回りしすぎたために、告白に失敗してしまう人もいます。

お互いに両思いであることは間違いない、あとは告白して正式に付き合うだけ。

という状態になった時に誰もが当日の計画を立てますが、告白が失敗してしまう人はここで、一生思い出に残る告白をしたい。

と張り切ります。

友人に手伝ってもらう、高いジュエリーを用意する、クサいセリフを準備する、ド派手な花束を持ってくる等、

まるでプロポーズなのではと思うくらい大掛かりな計画を立ててしまいます。

相手によっては派手な演出が苦手という人もいるので、絶対に告白を成功させたいと思うならば冷静にリサーチをしましょう。

4.仲間内で噂されている

好きになると思いが抑えられなくてすぐ告白してしまうという傾向がある人は、仲間内で要注意人物として噂されます。

「すぐ勘違いする」「仲良くすると好きになられてしまう」「すぐ告白してくるから注意して」などの噂は男女問わずあっという間に広がっていきます。

噂をする人は親切心を働かせて事情を知らない人にもどんどん広めていきます。

しかしこの状況を知らないのは告白が失敗してしまう人だけです。

そして知らないまま告白をしてはまた失敗するというのを繰り返してしまいます。

5.当たって砕けろ精神を持っている

一目惚れしたから、あまり話したことはないけれど好きになってしまって止められないからなどの理由で衝動的に告白しては失敗に終わる人がいます。

彼らは、当たって砕けろ、ダメならその時考えようという考え方をしています。

本人はそれで良いかもしれませんが、告白された方にしてみれば突然のできごとでびっくりな上に迷惑です。

もしも思い当たる節があるという方は、相手の気持ちをよく考えることと、

告白の前からきちんとコミュニケーションをとることを意識してください。

いかがでしたか。

告白が失敗してしまうという場合には必ず理由があります。

特に失敗が続くという場合は要注意です。

もしも今そのような状況に陥っている場合は、落ち着いて自分の行動を考えてみてください。

妄想で一人相撲になっていないか、相手のことをよく考えているか、頑張り過ぎていなかなどを今一度確認し、

それでもわからない場合は、思い切って友達に相談してみるのも良いでしょう。

もしかしたら辛いことを言われるかもしれませんが、素直に聞くことで幸せな未来が開ける可能性があります。

告白が失敗してしまう人のモテない特徴5個の関連記事