低い声の男性の羨ましい特徴4個

低い声の男性の羨ましい特徴4個

低い声って男性も少し羨ましいと思う時がありませんか。

テレビで旅番組やドキュメンタリー番組などでナレーターがとても低い声の男性だと

その番組の内容や話す人の言葉に説得力を引き出す効果があります。

今回は低い声の男性の魅力ついてその特徴をご紹介します。

1.声がよく通る

低い声の男性の声は本当によく通ります。

よく通るとは、よく聞こえるということ。

そして、理解されやすいということ。

これはコミュニケーションという括りで言えば第一に大切なポイントとして記されるものです。

例えば歌手が歌うことで、歌詞の中にある愛や悲しみ、生きることの喜びなどをメッセージとしてアピールします。

その度合いが声の低い人の場合、よく通ることでさらにアップします。

また、学校の講義や授業などでは今教科書やテキストに載っていることの内容を学生に伝えるなど

低く通る声によって的確に相手に対して伝達することができます。

低くてよく通る声は相手に対してその内容を正確に伝え、感動させたり、悲しませたり、喜ばせたり、

あるいは女性に対してうっとりさせたりする、などいろいろな魅力をも持ち併せた声と言えます。

2.相手に信頼を与える

高い声でよく聞こえる人よりも低い声でもよく通る声ならば、

その人のほうがより話の内容に信頼感を感じるのは私だけでしょうか。

しかも話しかたのスピードをゆっくりしたならばさらにわかりやすいし、信頼度が増します。

そして説得力が増すことにもなります。

話しの信頼度が増すと、その人の人柄にも誠実さを感じ、その信頼度も増してきます。

今の人の話し方の風潮として早口で話したりすることでかっこよさを演出したり、

自分の主張をPRしようとする人が多い中、その代表的なシーンとしてアメリカなどでの政治家同士の討論会があります。

高いトーンの声で早口で相手を論破しようとする場面を見聞きしたりすることがありますが、

逆に低い声でゆっくり話し、自分の主張を話せば聴衆にもっとアピールできるし、信頼性を増すことができるはずです。

もったいない話ですね。

3.言葉に重みを感じる

「愛している」を高い声で言われるよりも低い声でゆっくり言われたら、

女性はやはり声の低い人の「愛している」に重みを感じるに違いありません。

「男は目で、女は耳で恋に落ちる」とは、イギリスのあるジャーナリストの言葉ですが、まさに合点を得る、はまり文句と言えます。

言葉の重みを感じられれば、言葉や人柄の信用にもつながります。

信頼と重みはしっかりリンクしているんですね。

話す方も安易な気持ちでしゃべれませんし、話した言葉に責任を持ちこともなります。

いい相乗効果にもなります。

4.男性らしさを感じる

低い声でよく通る声の女性はあまり世の中にはいないでしょう。

低いハスキーボイスの女性はいてもそういった声の性質はあまり見聞きしません。

だからこそ、とても男性的な魅力を感じる声と言えます。

タレントや歌手、俳優などで低く、通る声のしかもイケメンならば女性にモテる人が多いのも男性からしても納得せざるを得ません。

いかがでしたか。

相対的に思う低い声の男性のイメージとして「落ち着きがあって、人間的にも誠実で人から理解されやすく、

なおかつ話に説得力のある人間」と言えるでしょう。

それってとてもかっこいい人ですよね。

これは男性から見てもとてもそう感じてしまうのを否めません。

女性の多くが低い声の男性に魅力を感じてしまう統計もあると言います。

男性はそういったものを自分の中に見いだせられる声の性質がある人はもったいない。

その観点から、仕事もプライベートでも自分を変えられるかもしれません。

低い声の男性の羨ましい特徴4個の関連記事