プロポーズを失敗してしまう人の特徴。焦らず空気を読もう!

プロポーズを失敗してしまう人の特徴。焦らず空気を読もう!

人生において一度で成功したいプロポーズ。

相手に気持ちを伝える大きな舞台でもあり、今後の人生を大きく左右する一大イベント言えるプロポーズでは失敗は許されません。

そんなプロポーズなのに失敗してしまう人、間違ってしまう人とは、どういった特徴があるのでしょうか。

今回はプロポーズを失敗してしまう人の特徴をご紹介します。

1.焦りやすい性格の人

プレッシャーを感じたり、危機感を持つことで、すぐに焦ってしまうタイプの人は、

人生の一大イベントであるプロポーズを失敗してしまうことがあります。

例えば、恋人に対して嫉妬することが多かったり、他の異性がちらつくことで焦ってしまい、

「早く自分のものにしないと」という思いからプロポーズに至ることに。

それまで様々なプランを練ったり、相手との関係性を深めたりしてプロポーズするのではなく、

自分の焦りの解消のためにプロポーズしてしまう流れを作ってしまうため、結果的に失敗に終わることになってしまいます。

気持ちを整理し、順序を決めて、よく考えた上でプロポーズをすべきなのかを計画的にして判断するようにしましょう。

2.ドラマや映画の見過ぎ

ドラマや映画で恋愛ものをよく見る人は、プロポーズ=ロマンチックというイメージを持っていることでしょう。

確かに、多くの女性はプロポーズに対して夢や期待を抱いているものですが、度が過ぎてしまうと、引いてしまうものになってしまいます。

ドラマや映画は現実の世界ではなく、作られてある世界だということを客観的に見る必要があります。

そのまま演じてプロポーズするのではなく、オリジナリティーを含めた上で引かれない程度のロマンチックさを演出するようにしましょう。

3.空気が読めない人

空気が読めない人は、タイミングを計ることも苦手な傾向にあり、お互いの気持ちがマッチしているかの判別が上手くいきません。

例えば相手が「ちょっと前まで結婚を意識していたけど、仕事が忙しく、自分の時間すら自由に持てない」という状況の中にいるのに、プロポーズをしてしまう。

本来なら、この「仕事が忙しくなるちょっと前」の時がタイミングだったのに、自分だけの都合でプロポーズしてしまいます。

お互いのタイミングを読むことができないため、いつになってもすれ違いが続いたり、プロポーズを引き受けてもらえなくなってしまいます。

こうした場合は、「相手のペースだけを見る」ことで解決できます。

そのためには、自分の「プロポーズしたい」という気持ちを維持する必要があるでしょう。

4.本番に弱い人

いざという時にミスをしてしまう人、本番になると緊張で固まってしまう人は、プロポーズに失敗してしまいます。

例えば念入りにプロポーズに向けて計画を立てたり練習していたのにも関わらず、いざプロポーズとなった時に頭が真っ白になって言葉がまとまらなくなる。

あるいは、計画通りに進めようとしていることが自分へのプレッシャーになってしまい、少しでも手順を間違ってしまうと、パニックになってしまう。

こうした本番に弱いタイプの人は、プロポーズという大舞台で失敗してしまうこともあります。

ただ、失敗したからといって相手がお断りするとは限らないもの。

それまでの経緯や思いがきちんと相手に伝われば、プロポーズ自体は失敗に終わってしまったけど、結婚には承諾してもらえるというケースも存在します。

一つ一つ丁寧に、落ち着くことを意識してプロポーズに挑みましょう。

いかがでしたか。

プロポーズをしようと思い準備を始めたり心構えし始めると、徐々に緊張が高まってきてしまうのは皆同じことです。

だからといってノープランで挑んでしまうと、「流れで言ってるんじゃないか」「雰囲気にのまれてるんじゃないか」と、プロポーズ自体が軽く見られてしまうことも。

もちろんプロポーズに対しての返答も良いものにしたいですが、思い出となるプロポーズ自体も成功させたいものです。

こうした特徴を意識して、逆の行動をしてプロポーズに挑みましょう。

プロポーズを失敗してしまう人の特徴。焦らず空気を読もう!の関連記事