パーリーピーポーの社交的な特徴4個

パーリーピーポーの社交的な特徴4個

最近テレビや雑誌などで見ることが多くなった「パーリ―ピーポー」略してパリピ。

どこか賑やかな印象を受けるパリピですが、実際にはどんな特徴があってパリピと呼ばれているのか。

その特徴を抑えておくことで、どんな人がパリピと呼ばれているのか把握しておくことが出来るでしょう。

今回はパーリーピーポーと呼ばれる人達の特徴をご紹介します。

1.人と関わることが大好き

パリピは、社交的な場に出向くことが多く、そこには人と関わることが根本的に好きという背景があります。

人と関わることが嫌いな人は、社交的な場に行くことは難しく、積極的に関われるパリピは、人付き合いが好きな傾向にあります。

新しい出会いももちろんのこと、その場で知り合った人たちと仲良くなったり、イベントに出向いたりと、すぐに仲良くなれるのも特徴の一つ。

コミュニケーションが少なくなっているこのご時世には、珍しい人たちと言えるかもしれません。

積極的に人と繋がり、求めている人たちは、パリピの部類に含まれるでしょう。

2.イベントごとが大好き

パリピは基本的に、賑やかな場所や人が集まるような場所が好きで、またその場で現実逃避を望むパリピも多く、イベントごとが大好きです。

例えばハロウィンやクリスマスといったイベントももちろん好き。

加えてイベントのように日頃から楽しめるクラブも好き。

現実ではなかなか味わえない空間を好み、騒いだり歌ったり和気藹々とすることが出来る場所を求めています。

ストレス社会と言われている環境を打破するかのような空間が、パリピにとっての居場所となっているのかもしれません。

3.個性的で派手

パリピは多く人が集まる場所が好き。

だからといってその場で埋もれてしまうのは、寂しさや孤独感を抱くこともあり、見た目に派手さを取りいれているパリピが多いです。

個性的とも言われる奇抜なファッションをしたり、一見周りから見たらコスプレかのようなファッションをしているのは、自己主張の手段の一つ。

その場所で埋もれてしまわないように、自分だけが取り残されないようにと、必死にアピールしている姿が見られるでしょう。

こうした人たちが集まることで、結果その空間はド派手になり、パリピ自身もさらにテンションが上がります。

似たような感覚を持っていながらも、「自分は○○だ」という主張はしっかり持っていることが分かります。

4.注目を浴びたい

パリピは、その派手な格好や表現、有様によって目立つことが多いです。

実際にメディアでも多く取り上げられるようになったパリピは、注目されることや目立つことが大好きで、見られることによってテンションがあがります。

皆に注目されたい、特別な人でありたい、リア充でありたいと願う人たちは、自分たちで何かを変えたいという願望を持っているのかもしれません。

「もっと知らない人と繋がりたい」「SNSとかじゃなくて現実で繋がりたい」といった気持ちを持っていて、それを表現している一つの方法なのかもしれません。

ただうるさいとか騒がしいというだけではなく、その中には自分たちの主張が隠されており、

メディアに取り上げられることによって、「認めてもらえている」「分かってくれている」という安心を発信することで、

どんどんと似た感覚の人たちが集まってくるのでしょう。

いかがでしたか。

パーリ―ピーポーと聞くと、「うるさい」「賑やか」「派手」「頭がおかしい」といった悪いイメージを持つ人も少なくありません。

しかしこうしてパリピの特徴をあげてみると、意外とポジティブな思考の持ち主が多く、自分の意思をしっかりと持っている若者であると言うことが出来ます。

ただ否定するだけではなく、実際にどんな主張をしていて、何を求めているのかまで深く考えてみると、案外パリピも悪くないのかもしれません。

パーリーピーポーの社交的な特徴4個の関連記事