バツイチ同士の恋愛の特徴4個

バツイチ同士の恋愛の特徴4個

恋愛にはさまざまなパターンがあります。

未婚同士の恋愛、どちらかがバツイチの場合の恋愛など、パターンによって特徴が違ってきます。

ここでは、その中から「バツイチ同士」というパターンをピックアップしご紹介します。

1.結婚をあせる必要がないため、純粋な恋愛を楽しめる

未婚同士の恋愛の場合は、どうしても結婚を意識することが多くなります。

独身主義の人は例外ですが、そうでない限り、特に適齢期や、

それを過ぎた年齢の未婚者の頭の中には「結婚」の二文字があると考えていいでしょう。

二人とも同じように結婚を意識しているなら、問題ありません。

そのままゴールインということになるでしょう。

しかし、一方が結婚を強く望み、もういっぽうがそうではないケースも多く、

そのことが原因で関係が壊れてしまうことも少なくありません。

つまり、未婚者の場合は、結婚を意識した瞬間、純粋に恋愛を楽しめなくなってしまいます。

その点、バツイチ同士の場合は、別に適齢期云々という意識を持つ必要はありません。

すでに結婚を経験しているのですから、あせって結婚することはまったくないわけです。

結婚を前提としたり、あせったりする必要がないために、純粋に恋愛を楽しめるのが、バツイチ同士の恋愛の大きな特徴です。

2.夢や理想を追いかけないリアリストの恋愛になる

恋愛経験の少ない人は、どうしても恋愛に理想や夢を抱きがちです。

よく「恋に恋する」という言い方をしますが、自分の中で理想の恋愛の形を作り上げてしまい、

それに恋するために、現実の恋愛に満足できないケースが少なくありません。

バツイチ同士の恋愛は、まったく違います。

一度結婚して、失敗しているわけですから、現実の恋愛のあり方について、

身をもって体験し、よくわかっているわけです。

交際中はラブラブで、新婚当時は仲が良かったカップルが破局したためバツイチになったのですから、

「恋愛や結婚に夢や理想を求めるべきではない」という認識を持っています。

そのため、相手に対して高望みをすることはありませんし、多くの要求をすることもないのです。

いわば、地に足の着いたリアリストの恋愛になるのが、バツイチ同士のパターンの特徴と言うことになるでしょう。

3.失敗の反省を生かして、相手本位の交際ができる

離婚というのは、人生の中でも特に大きなマイナスの出来事です。

ですから、バツイチの人は、離婚後必ず結婚生活を振り返り、自分を見つめなおし、

「自分の悪かったところ、こうすればよかったと思うところ」を反省します。

相手に主な原因があって離婚したケースでも、まったく反省をしないということはまずありません。

反省をし、次の恋愛では同じような失敗を繰り返さないようにしようという意識を持つのがふつうです。

そのため、バツイチ同士の恋愛では、お互いに相手本位になることができます。

自分が幸せになるためには、相手を幸せにしなければならないという意識を持って、

相手本位の、相手にやさしい交際ができるのが、バツイチ同士の恋愛の大きなメリットと言っていいでしょう。

4.相手もバツイチなので、引け目を感じることはない

一方がバツイチで、もう一方が未婚のカップルのケースを考えてみましょう。

このケースでは、バツイチの方はどうしても引け目のような感情を抱いてしまいます。

「バツイチは結婚で失敗した人」という意識があるため、相手と対等の立場に、精神的に立つことができません。

特に結婚を意識した場合、「相手は初婚だけど、自分は再婚」ということが、大きな引け目になってしまいます。

その点、バツイチ同士であれば、そうした引け目、よけいな劣等意識を持つ必要はまったくありません。

対等な立場でフランクに交際ができ、結婚を考えた時でも引け目を感じる必要がないのです。

いかがでしたか。

バツイチ同士の恋愛の特徴について、主なものを4つ紹介してきました。

お気づきのように、すべてプラス面の特徴ばかりです。

あえて、プラス面だけを取り上げたわけではありません。

実際に、バツイチ同士のカップルには、メリットが大変に多いのです。

バツイチ同士の恋愛の特徴4個の関連記事