スマホ依存症の人の特徴4個

スマホ依存症の人の特徴4個

スマホが多くの人に普及するにしたがって、1日中スマホを手離すことができない「スマホ依存症」の人も増加の一途をたどっています。

スマホ依存症をそのまま放置すると、心身の健康を害するのでとても危険です。

では、スマホ依存症になってしまっている人には、どのような特徴があるのでしょうか。

今回はスマホの人の特徴をご紹介します。

1.1日のうちに、スマホの電源を切る時間を持たない

スマホ依存症になっている人は、スマホの電源を1日中ONにしており、電源を切る時間を作らないということが大きな特徴です。

お風呂に入っている時食事の時、更には寝る時ですら、スマホの電源を切りません。

それどころか、そのような時であっても、必ずスマホを手の届くところに置いています。

スマホ依存症になると、スマホの電源を切ることで情報がリアルタイムで入ってこなくなることに、極度の恐怖を抱くようになります。

「電源を切っている時に、誰かから連絡が来たらどうしよう」と、必要以上に不安を感じるようにもなります。

そのような気持ちから逃れることができないため、スマホの電源を切ることができません。

2.移動中でもスマホを手から離さない

スマホ依存症の人は、移動中でもスマホをカバンの中に入れず、ずっと手から離しません。

そのため、どうしても歩きながらスマホを見ていることが多くなります。

場合によっては、車や自転車を運転している時ですら、スマホの画面を見てしまうこともあります。

そのため、スマホ依存症になっている人は、常に注意力散漫な雰囲気を漂わせています。

スマホ依存症になると、自分が見たい情報を今すぐに見なければ気が済まなくなってソワソワし始めます。

この症状は時間や場所に関係なく起きるので、移動中でも構わずにスマホを見始めてしまいます。

そのため、スマホ依存症の人は、いつも事故の危険と隣り合わせであるということも特徴です。

3.常に睡眠不足

スマホ依存症になると、無意識的に長時間スマホの画面を見ているということが多くなります。

時には、深夜を過ぎても、ずっとスマホの画面を見ているということも珍しくなくありません。

そのため、スマホ依存症の人は、必然的に寝不足の生活が続くようになります。

スマホ依存症になると、スマホの画面を見ている時間が長くなるため、スマホの画面から発するブルーライトが目に入ってくる時間も長くなります。

これが脳を興奮させ、熟睡を妨げるようになります。

そのため、何時間寝ていても体や脳が休まらず、睡眠不足と同じような慢性的な疲れを常に感じるという結果になります。

このようなことが原因となり、眠りが浅い日が毎日続くため、いつも疲れたような雰囲気でボーっとしているということも大きな特徴の1つです。

4.スマホのチャットを介してしか、人とのコミュニケーションが取れなくなる

スマホ依存症が重症化してしまうと、人とのコミュニケーションにも問題が生じるようになります。

スマホ依存症が進むと、スマホのチャットで会話することに慣れ過ぎてしまうため、直接人と向き合う形の会話ができなくなってしまいます。

場合によっては、電話で話すことすら苦痛に感じてしまうという人もいます。

スマホのチャットは、相手の顔が見えず、声も聞こえない環境で行うため、心の動きがわからない状態で会話が進んでいきます。

そのため、お互いに、心の動きの機微を読み取らずに、自分ペースで言いたいことをどんどん言ってしまうようなコミュニケーションが繰り広げられます。

その結果、人の気持ちを慮ったり、空気を読んだりすることが苦手になり、人と直接向き合って会話をすることを避けるようになってしまいます。

いかがでしたか。

スマホは、欲しい情報がいつでも手に入る上に、好きな時に手軽なコミュニケーションができる便利なものです。

しかし、それに慣れ過ぎて、人間がスマホに振り回されてしまうようになると、知らず知らずのうちにスマホ依存症になってしまいます。

これは、年齢を問わず、どんな人にでも起こりかねないことなので、各自で注意する必要があります。

「最近スマホが手離せなくなってきた」という自覚がある場合は、まずは一定時間スマホの電源を切り、

スマホを手元から離れた場所に置くということから始めてみることをオススメします。

スマホ依存症の人の特徴4個の関連記事