クリぼっちな人の寂しい特徴4個

クリぼっちな人の寂しい特徴4個

クリスマスを一人で過ごす人のことを最近はクリスマスと一人ぼっちをかけてクリぼっちと呼んでいます。

そんなクリぼっちを過ごす人たちの特徴や性格についてご紹介します。

1.一人の時間を充実させて楽しむことができる

ここ2、3年ではクリスマスを一人で過ごすクリぼっちの人は5割にものぼると言われています。

そのため、クリぼっちが寂しい人という概念はなくなりつつあり、

逆に堂々と一人ぼっちで過ごせる環境に変化しつつあります。

ケーキやお料理も昔であれば家族用、団体用に大きなものしか用意されていませんでしたが、

最近ではクリぼっち商戦が拡大していて、一人用の小さくておしゃれなケーキや片手鍋などがよく売れています。

クリスマスは人と一緒に過ごすのもいいですが、一人でのんびりと充実したクリスマスを過ごすのもいいものです。

普段よりちょっと贅沢な夕飯を用意して、クリぼっちを楽しむ人が増えている理由もわかります。

2.ただ単に彼氏や彼女、一緒に過ごす友達がいない

こちらは本当はクリぼっちを希望しているわけではないので、彼氏や彼女がおらず、

友達もみんなデートなので、望まずしてクリぼっちになってしまった人たちです。

寂しがり屋の人や、まだまだクリスマスに一人で過ごすのは嫌だと思っている人も多いので、

そうした人にはクリぼっちはちょっと辛い1日になるかもしれません。

しかしこうした寂しいクリスマスを味わった経験があればこそ、

次に誰かとクリスマスを過ごせた時にはその楽しさが2倍にも3倍にも感じられるはずです。

恋人や友人が一緒に過ごせない場合は、クリぼっちを楽しむ方向に考え方を変えてみても

新しい発見があるので試して見てほしいと思います。

3.イベントごとに特に興味がない

クリぼっちどころか、クリスマスになぜそんなに盛り上がる必要があるのかわからないというイベントに

興味のない人がいます。

当然一人でも全然気にしないし、いつも通り何も変わらない1日です。

なぜ周りや街の人たちはそんなに盛り上がっているのと冷静にクリスマスの風景をとらえています。

年配の独身の方に多く、一人でクリスマスを楽しむという年齢でもないし、

それが逆にさらに寂しさを増やすという人も多くいます。

確かに年配になるとイベントごとに疎くなり、いちいち騒ぐこともなくなります。

しかし今は時代が変わり、一人は寂しいことではなく一人を充実させようという風潮が強まっています。

この機会にクリぼっちを楽しむことに挑戦してみてもよいかもしれません。

4.積極的に予定を立てにいけない

本当は一人で過ごしたくないと思っているのに、周囲に気を遣ってしまったり、

クリスマスに恋人以外を誘うのは何となく気が引けると遠慮してしまう人も多いと思います。

しかしその消極さが結果的にクリぼっちになってしまう自分を生んでしまいます。

どうしても一人で過ごしたくないという人は、とにかく趣味でもなんでもしっかりと事前に予定を立てて、

寂しいクリスマスにならないような計画を立てることも必要です。

そして、クリスマスを一緒に過ごしたい思う人がいる場合は、遠慮せずに声をかけてみましょう。

それで断られても気にしないことです。

どうしても一人で過ごしたくないのであれば、自ら行動する積極制が必要です。

いかがでしたか。

クリぼっちにも一人を望んでいる人と、本当は寂しくわいわいと楽しいクリスマスを過ごしたい人や

恋人と過ごしたいと思っている人もいて様々な思いで溢れています。

でもせっかくのクリスマスなので、興味がないという人以外は

その日の自分の状況なりにクリスマスを楽しむという方向で考えてみると、意外と新しい発見につながります。

クリぼっちを楽しむためのグッズや食べ物もたくさん

クリぼっちな人の寂しい特徴4個の関連記事