オシャレな人の個性的な特徴5個

オシャレな人の個性的な特徴5個

「あの人オシャレだな」と感じる人がいるでしょう。

どういう人が「オシャレな人」と呼ばれるのか、ここでは男女を問わず「オシャレな人」と呼ばれる人の特徴を紹介しましょう。

1.自分に似合うファッションを知っている

多くの人は、服を選ぶときやヘアスタイルを決めるときに、「好きかどうか」を基準にします。

つまり、「自分が好きな服や髪型」を選ぶわけです。

その服や髪型が、自分に似合っているかどうかも考慮しないわけではありません。

しかし、それは二の次になりますから、実際には「好きで選んだ服や髪型が、似合っていない」というケースが少なくありません。

オシャレな人は違います。

常に自分を客観視しているため、単純に「好きだから」という理由だけで服や髪型を選ぶことはしません。

「自分の好みで、なおかつ、自分に似合うもの」をチョイスします。

つまり、服や髪型を選ぶときに「好きかどうか」だけでなく、「自分に似合うかどうか」を常に考え、

その判断を正しくできるのが、オシャレな人の特徴と言うことになるでしょう。

2.カラーコーディネートが上手

オシャレでない人でも、モノトーンで統一したり、同系色のコーディネートにすれば、まず失敗はありません。

初心者でも、センスに自信のない人でも、単色、もしくは少ない色使いであれば、そこそこまとまって見えるものです。

オシャレな人は、ファッションの上級者ですから、より高度なカラーコーディネートができます。

多くの色を使った柄物のアイテムを使う場合でも、他のアイテムとの色のバランスを考えて組み合わせることができるため、

どんなに多色使いになっても、ごちゃごちゃした印象にはなりません。

多くの色を使いながらまとめてみせるセンスをもっていること、つまり、カラーコーディネートが上手であることが、オシャレな人の共通点です。

3.流行をそのまま取り入れることはしない

自分ではオシャレと思っていても、人からそう評価されない人には、「流行そのままのファッションをしている」というケースが少なくありません。

本人は、「流行を取り入れたオシャレなファッション」のつもりでしょうが、他者の目からは「ただの流行好き」にしか見えないわけです。

オシャレな人も、流行を取り入れることはもちろんします。

しかし、流行をそっくりそのまま取り入れることはしません。

例えば。

流行りのアイテムを取り入れる場合でも、他のアイテムとの組み合わせにオリジナリティを出したり、着こなし方で個性を出したりします。

つまり、流行を自分流にアレンジして取り入れるのが、オシャレな人のファッションの流儀ということになるでしょう。

4.ブランドこだわらない

オシャレな人には、「ブランド品かどうかにはこだわらない」という特徴もあります。

服やアイテムを選ぶとき、注目するのは「デザイン、色、材質」であって、その3点に自分が気に入り、自分に似合うと思えば、それをチョイスします。

それがブランド品であれば、ブランド品を身に着けることになりますが、それは「気に入ったアイテムがたまたまブランド品だった」ということにすぎません。

「ブランド品だから」という理由でチョイスすることはないのです。

5.小物づかいが上手

装飾品など、小物の使い方が上手なのも、オシャレな人に共通する特徴の一つと言っていいでしょう。

オシャレでない人には、「せっかく全体的にまとまったコーディネートをしているのに、アクセサリーの使い方が下手で、台無し」というケースがあります。

小さなアイテムのチョイスが間違ってるため、全体のバランスがおかしくなってしまうわけです。

オシャレな人は、その点、小さなところにも目を配り、センスのよいコーディネートをすることができます。

アクセサリーや、腕時計、ハンカチ、財布といった小物づかいが上手で、

全体のバランスが整っていることが、人から「オシャレな人」と思われる大きな要素です。

いかがでしたか。

今回は性別を問わず、人から「オシャレな人」と評価される人の特徴を5種類紹介しました。

持って生まれたファッションセンスという要素は、もちろんあります。

しかし、その特徴をまねようという意識を持つことで、オシャレな人に近づくことは可能でしょう。

参考になさってください。

オシャレな人の個性的な特徴5個の関連記事